2011年08月31日

Shooting Game(仮)for iPhone 1週間のダウンロード数

さて、Shooting Game (仮) for iPhone リリースから1週間チョイが経過したので最初の総括をしておこう。そもそも、App Storeでアプリをリリースしようと思ったのは以下の2点が知りたかったからだ。
 (1)開発からリリースまでのプロセスとリードタイム
 (2)ダウンロード数とランキング順位の規模感
(1)については前回のエントリに書いたとおりだが、今回は(2)についてである。先ずは数字をご覧頂こう。

スクリーンショット(2011-08-31 23.08.50).png
約1週間でダウンロード数 5,700 ほど。順位は、無料アプリ総合で最高53位だった。今はジワ下がりし始めたのでここがMAXだろう。

ダウンロード数に面白げな波があるが、これはBLOGやメディアでの取り上げ状況に相関していると見られる。
スクリーンショット(2011-08-31 23.23.52).png
 ■8/23 「ゲームキャストBlog」でレビュー紹介
 ■8/24 「Touch Arcade」フォーラムで紹介
 ■8/28 「iPhone AC 番外レポート」でレビュー紹介
 ■8/29 「meet-i(ミートアイ)」でレビュー紹介

「ゲームキャストBlog」「iPhone AC」はiPhoneアプリレビューサイトの中でもゲーム系に特化したところで、ゲームアプリへのアンテナの高さが伺える。いずれも好意的なレビュー内容だったためダウンロード数にも影響を与えたことだろう。いずれのレビュー内容にも言えることだが、97年のPC版の存在を知った上での紹介となっており、思い出補正的なもの込みでの好評価だった。
なお、「Touch Arcade」はUSの大手ゲームレビューサイト。これは誰かがフォーラムに投稿したというだけのことで、特に話題にならなかったが、それでも24-25日はUSからのダウンロードがかなり多かった。
「meet-i」は大手総合サイトであり、これがブースターとなってランキング順位を上げていっている様子が見て取れる。各所で言われているとおり、いったんランキングに載ると、それが契機となってある程度は順位を上げていくようだ。自分にも身に覚えがあるとおり、アプリダウンロードの最大の契機は「ランキングに載ってるから」である。

結局のところ、App Storeでアプリをダウンロードしてもらうには「メディアに取り上げられる」「ランキングに載る」の2点に尽きるということを身を以って理解することができた。そしてこれは今ではどんなアプリベンダーも知っていることのようだ。だからこそベンダーはこぞってメディアに取り上げられるためのプロモーション手法を駆使しているわけだ。

ただ、自分のような個人フリーソフト開発者、それも趣味プログラマーにとっては、これらはまったく目新しい話ではない。PC版のShooting Game (仮)がいかにして認知されダウンロード数を伸ばしたのか、14年前を思い返してみると、まるで同じことだ。
当時は個人が配布用サイトを持つことはあまり一般的ではなく、フリーソフトを広く認知してもらうためには、大手オンラインソフトウェアポータルに登録するのが当たり前だった。
Vectorに登録し、「PickUp」で紹介してもらい、ランキングを駆け上がる。運よく窓の杜あたりで紹介されてガツンとDL数を伸ばす。雑誌で紹介されて、さらにガツン。まぁ、同じだよね。

といっても、スピード感はまるで違う。雑誌なんてリリースから1ヶ月2ヶ月経ってから「新着」として紹介されるわけだし、そもそも日々登録されるアプリの数は段違いだ。自分のアプリがリリースされた次の瞬間には、次の新着アプリがストアに並んでるという感覚。しかも、個人開発者も大手メーカーも同じ土俵の上で泥仕合を繰り広げることになる。そういう面では、リリース日こそが勝負!なんていう App Store はやはり前代未聞、未曾有のマーケットと言えるだろう。

なんにせよ、20万からあるとされる無料アプリの中で一時的にでも53位という位置に付けたのは良かった。みんなありがとう!俺よく頑張った!佐伯先生の次回作にご期待ください!


・・・いや、まだ終わらんよ。実は知りたいことその(3)が残っている。そのために、GameCenter対応だけは絶対にしなければならない。DLしてくれた 5,700人のためにも、もう少しガンバリます。
posted by Coa at 23:37| Comment(3) | STG(仮)

2011年08月24日

Shooting Game (仮) for iPhone リリースとレビュー期間について

Shooting Game (仮) for iPhone ついにリリースですよ!

■App Storeへのリンク
images.jpg

iOS SDKでの開発をまじめにやってみようと思い立って約2ヶ月。ゲームデザインが完成した状態からのスタートなのでこの短期間で完成に至ったのは幸いだった。
App Storeに自分のソフトが並ぶとどういう世界が開けるのか?それが知りたい一心だった。何事も身を以って体験するのが一番である。ならば自分でやってみるしかないというわけだ。

そして、今回もっとも知りたかったApp Storeのレビュー期間についてだが・・・


■ In Reviewだったのはわずか2時間

ちょっとこいつを見てくれ・・・
Review Status
iTunes Connectの画面だが、アプリのステータスがどのように遷移したかを示している。

8月16日の午前2時(現地時間)にアップロードをして、そのまま Waiting for Review (レビュー待ち)の状態が約1週間続いている。これはまぁいい。噂に聞いていたとおりだ。
しかし、8月22日午前10時前に In Review (レビュー中)となったあと、わずか2時間後の12時前には Ready for Sale (販売中)になっている。
なんとレビュー期間はわずか2時間である。


これは驚いた。In Review が1週間や2週間は当たり前と踏んでいたので肩透かしだ。恐らくこんな感じだったんだろう。

ジョージ(レビュー担当者)22日(月)10時前にフレックス出社
ジョージ「あー、盆休み明けで調子でないわー。一発目は軽そうなアプリがいいな」
マイケル「ヘイジョージ、それならこのシンプルなシューターがいいんじゃないか」
ジョージ「じゃあそれで」
-------------- 2時間後 ----------------
ジョージ「6周目に入ったら撃ち返し弾の種類も変わらないな・・・飽きたわー」
マイケル「そろそろランチタイムだし適当に切り上げてハンバーガーでもどうだい?」
ジョージ「だな、適当に切り上げるわ。はいはいリリースリリースっと・・・」
マイケル「そうさ、仕事よりチキンタツタのクーポンのほうが大事だろ?」
ジョージ「マックのクーポンアプリはほんと神アプリだわ」
   「「HAHAHAHA」」


いや、言うまでも無くフィクションですけどね。
GameCenterやiAdなどのネットワーク絡みも一切無い純粋スタンドアロンのゲームアプリなんてそんなにテスト項目は無いということなんだろう。
それに Shooting Game (仮) の場合はPRACTICEモードもあるので、ゲームの全コンテンツにアクセスするのに20分と掛からない。そのへんが2時間レビューということになった理由だろう。

と、いうことは、だ。逆にゲームの全コンテンツにアクセスするのに膨大な時間が掛かるアプリ、例えばクリアに何十時間もかかるRPGなんかの審査はどういうことになるんだろう。やはり最後までプレイしてみるのか。だったらアプリごとに大幅にレビュー期間が違うのも納得がいく話ではある。

すべて想像なのでなんとも言えない。
とりあえず次バージョンではGameCenterに対応してみたいと思っている。そこで審査にどれだけ時間を食うかで何か見えてくるかもしれない。

次も頼むぞ、ジョージ。


posted by Coa at 00:56| Comment(6) | STG(仮)

2011年08月20日

Shooting Game (仮) for iPhone リリース間近

無事完成するかどうか危うかったので、これといってアナウンスしてこなかったわけだけど、ようやくApp Storeに提出することができたのでご報告です。

Shooting Game (仮)for iPhone 出るよー!


まだWaiting for review状態なので、いつリリースになるかは分からないけど、順調に行けば8月中にはApp Storeに並ぶことだろう。もちろん無料です。

初めてのiOS SDKでの開発だったのでいろいろと苦労話もあるわけなんだけど、そのへんは後日ということにするとして、iPhone版の特徴は以下のとおり。

◆60FPS対応!(第3世代デバイス以降のみ)

  PC版で熱望されていた60FPS化を意を決して実現
◆グラフィックがちょっと綺麗に!
  256色だったグラフィックをフルカラーに
  さらに宇宙背景のみだったところに背景グラもつきました
◆忠実な移植!
  ステージ構成や攻撃パターンはオリジナルに忠実
  もちろん攻略法もたいていそのまま通用します

今後の予定としては、
 ・GameCenter対応
 ・アレンジ版BGM
などなど

しかしまずは審査に通らないと意味が無い。タイトルがコレなもんで、そのへんを理由としてRejectされないかという心配は消えない・・・。ま、そうなったらそうなったでその時だ!

リリースされたあかつきには、ぜひ皆さんよろしくね!



posted by Coa at 22:12| Comment(10) | STG(仮)